協会標準等

当協会(JUSA)はクラウドPBXなどユニファイド通信事業者の団体として、消費者・利用者利益を確保し、通信サービスを利用した犯罪の抑止を図りつつ、会員事業者の適正な事業環境の整備を目指しています。これを実現するために特にサービスに関連する事項について標準を策定しています。

■協会標準識別音 (2020年4月1日制定)

電気通信事業法に適合しながらサービスの優良性を示すために総務省殿および警察庁殿の協力のもと本標準を策定しました。これにより、当協会会員によって一定の品質が管理されたサービスであることが容易に判断できます。また、クラウドPBXを利用した特殊詐欺犯罪に対する対策の一環として、警察庁と本標準識別音の全国への周知とともに協力体制の構築を目指しています。本識別音は当協会によって認定された会員(事業者)が自らのサービスにおいて使用できます。

本標準は協会が進めている通信事業者の優良認定制度(評価制度)において参照される予定です。当協会は今後、これらの標準等をベースに品質基準を策定し、消費者や法人などのユーザには困難である事業者の通信サービス品質の見える化に取り組んで参ります。

■協会標準利用申込書 (2020年4月1日制定)

当協会はクラウドPBXを含むユニファイド通信事業者の団体として、会員である電気通信事業者の適正な事業環境を整えながら、消費者・利用者の利益を確保することを目指しています。協会会員が電気通信事業法や犯罪収益移転防止法などの適合性を容易に確保し、安定した事業運営を行うことが可能となるように、総務省殿および警察庁殿の協力のもと、基本となる標準利用申込書を制定しました。本標準は会員事業者が協会の許諾の下で利用することができます。

© 2019 Copyright Japan Unified communication Service provider Association, JUSA

  • LinkedIn Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon