​部会等

当協会では分野ごとに部会を組織し議論しています。部会の議論は協会活動で最も基礎となるものです。会員は任意の部会に参加することが可能です。

政策部会

部会長:岡田 良平 (株式会社プロディライト)

副部会長:児玉 豊 (ソフツー株式会社)

 

 政策部会は、主にユニファイドコミュニケーション、電話等に関連する政策・規制に関して議論する部会です。既存の規制に関する勉強会等を実施し、様々な電気通信事業者がもつべき責務・実務を学びます。また、諸外国の通信政策、市場状況等の勉強を通じて見識を深め、総務省や関係省庁と連携することで日本のICT産業の発展をサポートしていきます。​

サービス部会

部会長:木村 聡 (ブラステル株式会社)

 

 サービス部会は、ユニファイドコミュニケーション、IP電話等のサービスに関連して想定される諸問題の解決にサービス・プロダクト側面からアプローチしながら、会員相互のサービス連携やビジネス協業等を議論する部会です。

メッセージ部会

部会長:木島 恭 (株式会社クロノス)

 

 SMS配信サービスなどをはじめとしたメッセージ市場は国内外において大きな市場であり、RCSを含め最も急速に成長している分野です。さらに、AIなど新しい技術と融合が進むものと想定されています。本部会では会員相互の議論や活動によって、これらメッセージサービスの健全な市場の整備、拡大、活性化、および公正競争の実現を図っていきます。

次世代サービス推進部会

部会長:黄瀬 隆則 (Twilio Japan合同会社)

 

 ユニファイドコミュニケーション市場において世界では急速な技術革新が進み、電話交換機の維持限界を向かえる変革の時代において、国内ユニファイドコミュニケーション市場の健全な発展を目指します。イノベーティブなICT技術の広報活動、消費者や顧客との双方向のコミュニケーションなどを通じて次世代のコミュニケーション基盤の啓蒙活動を実施していきます。

事業者評価制度WG

クラウドPBXをはじめとしたユニファイド通信サービスが普及期に入っており、多くの企業で導入が始まっている一方で、サービスが犯罪に使われること等の社会的問題も表面化しています。そこで事業者の姿勢や管理体制、セキュリティなどあらゆる側面におけるサービス品質を基準化し、協会がそれを公正に評価することで、導入を検討中の企業や官公庁など利用者が安心して事業者を決定・導入できるようにすることを目的としています。

© 2019 Copyright Japan Unified communication Service provider Association, JUSA