• JUSA事務局

協会声明:新型コロナウイルスの拡大防止に向けたテレワークの普及推進について

最終更新: 2020年2月26日

当協会では以下のとおりプレスリリースを発出いたしましたのでお知らせ致します。

詳細は以下からご確認ください。

https://www.jusa.jp/publiccomments


2020(令和二)年2月21日

一般社団法人 日本ユニファイド通信事業者協会



新型コロナウイルスの拡大防止に向けたテレワークの普及推進について



 2月18日に総理大臣官邸で実施された第11回新型コロナウイルス感染症対策本部(*1)の議論において、通勤による混雑を緩和するテレワーク(特に在宅勤務)がその有効な対策であるとされたことについて、当協会および協会員各社は日本国政府の方針を支持いたします。

 テレワークは、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催時の交通混雑緩和にも効果があるだけでなく、ワークライフバランスの実現 や、人口減少時代における労働力人口の確保、地域の活性化等へも寄与することから、働き方改革だけでなく、今日の日本がもつ様々な社会問題を解決する切り札となるものです。

 日本ユニファイド通信事業者協会(JUSA)は、テレワークを推進する通信事業者の団体として、会員企業と共に協会活動におけるリモートワークや、会員企業内でのテレワーク活用を推進していきます。また、当協会は会員企業と共にお客様のテレワーク導入や働き方改革を支援していきます。



一般社団法人 日本ユニファイド通信事業者協会 (JUSA)

https://jusa.jp/



賛同会員企業(五十音順)

株式会社アセンド

有限会社アユコム

株式会社クロノス

株式会社グラントン

株式会社三通テレコムサービス

株式会社ソフツー

Twilio Japan合同会社

日本マイクロソフト株式会社

ブラステル株式会社

株式会社プロディライト

株式会社まほろば工房

株式会社りーふねっと

株式会社リンク

リングセントラルジャパン株式会社


(*1)総理大臣官邸 新型コロナウイルス感染症対策本部

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/taisaku_honbu.html




43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

テレワークの導入実態と課題に関するアンケート調査結果の公表

テレワークによって「体調や精神面での悪い変化」を感じた人が7割以上に及ぶことが判明 〜テレワークの導入実態と課題に関するアンケート調査結果〜 クラウド PBX やテレワークを推進する通信事業者の団体である、一般社団法人日本ユニファイド通信事業者協会(東京都港区)が、一都三県の会社員5,000名を対象に、テレワークの導入実態と課題に関するアンケート調査を行い、その結果をまとめました。 詳細は当協会の

JAIPA Could Conference 2021への後援について

当協会は、一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会クラウド部会が主催するクラウドカンファレンス2021(実行委員長:青山 満 GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社 代表取締役社長)を後援します。 https://cloudconference.jaipa.or.jp/ 2021年9月2日(木)

Interop Tokyo 2021の後援について

当協会は日本最大のインターネットテクノロジー関連イベントである Interop Tokyo2021 (実行委員長:村井純 慶應義塾大学教授)を後援しております。 Interop Tokyo 2021:https://www.interop.jp/ 2021年4月14日〜16日

© 2019 Copyright Japan Unified communication Service provider Association, JUSA